• ホーム
  • オール電化にすると便利だけど費用が高くつく?

オール電化にすると便利だけど費用が高くつく?

2020年05月13日

オール電化とは、調理や給湯などガスで賄っていたものを、すべて電気に変えるということです。確かに光熱費の支払いが電気代だけで済みますので便利だと思うかもしれませんが、オール電化にするための費用が掛かる可能性があります。これからオール電化にしようと思っている人は、メリットだけでなくデメリットについても考慮しましょう。

オール電化にした場合には、一般的に夜間の電気料金が安くなっていますので、その時間に日中に使うためのお湯や暖房の熱を溜めておくことが可能です。昼間にほとんど家に居らず、夜間に帰ってくるという人の場合は、より節約をすることができます。夜間を中心に自宅で生活をしている人にとっては、電気料金が割安になります。

オール電化にするということは、光熱費は電気代のみになりますので、ガスを併用していた時とちがって、光熱費を一本化することに繋がります。ガスの基本使用料がかからない分だけ、電気の基本使用料の一本化により光熱費を低コスト化することが可能です。

ガスを使用している場合には自宅にガスを引き込むことになりますので、ガスコンロなどで誤った使い方をするとガス漏れや火災の恐れがあります。電気であれば調理の際にIHクッキングヒーターを使用しますが、炎が出るわけではありませんので、火災のリスクを極力下げることが可能です。

災害などが起きた場合には停電が起こることがあります。停電が起きると電気が使えなくなりますので、すべての生活に支障が出る可能性があります。しかし、ライフラインの中では一番復旧が早いのが電気である可能性が高いので、復旧するまでは持ちこたえるように備えをしておくことが重要です。

オール電化にする時には、電気で動かすための設備をあらかじめ用意しておかないといけない場合があります。代表的な設備はIHクッキングヒーターやエコキュート、電気温水器、蓄熱暖房機などになりますが、本体費用に加えて工事費用がかかったりしますので、初期費用が掛かることは覚悟しなければいけません。大きさがある設備の場合は設置場所も考える必要があります。

オール電化にしたからと言って必ずコストが下がるのかというとそういう訳ではありません。初期費用がそれなりにかかりますし、昼間の電気代については割高になるケースが多いですので、注意を要します。オール電化にした時に本当に光熱費が安くなるのか、あらかじめ検証をしたほうがいいでしょう。

関連記事
食洗機はあった方が便利?無くてもいい?

食器を洗う作業というのは主婦にとって大変な作業です。夏場であれば冷たい水を使ったとしてもそれほど辛くないですが、冬場には冷たい水で洗うのが辛いと感じる人もいるでしょう。水洗いだと冷たいですので、お湯を使おうと思うと光熱費がかかるということになります。食器を洗う作業自体が手荒れを促進してしまうために、

2020年06月21日
注文住宅で多くの人が後悔しやすいポイント

高いお金を出して注文住宅を購入することになりますので、なるべくならばできるだけ後悔したくないと思うのは当然のことです。しかし自分の選択について、本当に正しいのかどうかわからないことがあります。住宅を建てる時にどのようなところに気を付ければいいのかをあらかじめ分かっていれば、後悔するリスクを極力減らす

2020年01月30日
二階建てが平屋よりも安くなるのはなぜ?

一般的な日本における一戸建て住宅で言うと、二階建てのほうが多く見られます。平屋というと、高齢者だけが住んでいる住宅や築年数が古い住宅というイメージがあるかもしれません。多くの人は平屋に比べると二階建てのほうが建築費が高くなると思っています。しかし、実際には二階建て住宅のほうが平屋住宅に比べて建築費は

2020年03月18日
マイホームの防犯性能を高める方法!

マイホームを持つのであれば、空き巣に襲われないように防犯意識を高めることが重要になってきます。マンションであれば共有スペースでセキュリティに配慮しています。オートロックになっていたり、カメラが備え付けられたり、管理人が常駐していたりしますので、自分たちでそれほど対策を講じる必要がありません。しかし、

2020年04月18日
安いという理由で中古物件を買ってはいけない!

中古マンションや中古一戸建てなどの中古物件を購入するきっかけの一つに、コストが安価なことがあります。新築では手を出すことができないような物件が、中古であれば手が届く可能性があるということです。中古物件は確かにコストが安価ではありますが、それだけで飛びつくのは止めた方がいいでしょう。中古でもまだまだ築

2020年04月02日
実際に注文住宅を建てた人のブログを見よう!

注文住宅を建てるにあたり、立地や資金計画、ハウスメーカーを考えるのは当然のことのように思いますが、それだけでは不十分です。その前に自分たちが住宅に対して、どのような希望を持っているのかをまず考えなければいけません。その希望を叶えるに当たって重要なのは、情報を集めることです。特に注文住宅で家づくりをす

2020年02月29日
ハウスメーカーの住宅カタログで情報を比較しよう!

家づくりをすることは一生に一度しかないと言われるくらいに、家族にとって大きな節目のイベントになる可能性が高いです。その時に損をしてしまうような選び方をしてしまうと、一生後悔してしまうことになります。そうならないために、情報収集をしっかりとおこなう必要があります。無料でできる情報収集の手段が、ハウスメ

2020年02月09日