• ホーム
  • ハウスメーカーの住宅カタログで情報を比較しよう!

ハウスメーカーの住宅カタログで情報を比較しよう!

2020年02月09日
きれいなキッチン

家づくりをすることは一生に一度しかないと言われるくらいに、家族にとって大きな節目のイベントになる可能性が高いです。その時に損をしてしまうような選び方をしてしまうと、一生後悔してしまうことになります。そうならないために、情報収集をしっかりとおこなう必要があります。

無料でできる情報収集の手段が、ハウスメーカーから住宅カタログを取り寄せることです。ハウスメーカーのホームページから資料請求をすれば、住宅カタログが手に入ります。家を検討する時には、多くの人が住宅カタログを参考にしたというデータがありますので、皆さんも同じような形で参考にした方が賢明です。無料で参照できるからこそ、複数のハウスメーカーを比較しながらそれぞれの特徴をおさえることが可能になります。

別にカタログが無くてもいいのではないかと思うかもしれませんが、インターネットだけで必要な情報が簡単に得られるわけではありません。インターネット上にある情報の何が正しくて何が間違っているのかを、素人が判断することは難しいでしょう。事前に予備知識を持っていれば、どういう情報が欲しいのかがはっきりしますので、その時になってからインターネットを活用すればいいわけです。

住宅カタログはハウスメーカーが力を入れて作っていますので、メーカーがどういう特徴を持っているのかを分かりやすくアピールしてあります。ハウスメーカーが押し出すポイントを中心に掲載してありますので、読むと一目で強みがはっきりとわかるというメリットがあります。カタログには写真がふんだんと掲載されていますので、どういう家に住みたいのかというイメージをすることが可能です。参考となる家を写真付きで見ることができるのは、住宅カタログならではのメリットになります。

住宅カタログを資料請求する場合には、1つのメーカーだけでなく複数のメーカーを比較することを忘れないようにしましょう。比較することで、メーカー同士の特徴を浮き上がらせることができます。カタログを見て疑問に思ったことはメモを取るなどすると良いです。

住宅カタログのデメリットは、ハウスメーカーからの営業電話がかかってくる可能性が捨てきれないことです。カタログを取り寄せたということは、家を造りたい人であるわけですから、ハウスメーカーから見込み客に対してアプローチがあります。気になるハウスメーカーから電話がかかってきたのであれば、話を聞いてみても良いのではないでしょうか。

関連記事
オール電化にすると便利だけど費用が高くつく?

オール電化とは、調理や給湯などガスで賄っていたものを、すべて電気に変えるということです。確かに光熱費の支払いが電気代だけで済みますので便利だと思うかもしれませんが、オール電化にするための費用が掛かる可能性があります。これからオール電化にしようと思っている人は、メリットだけでなくデメリットについても考

2020年05月13日
二階建てが平屋よりも安くなるのはなぜ?

一般的な日本における一戸建て住宅で言うと、二階建てのほうが多く見られます。平屋というと、高齢者だけが住んでいる住宅や築年数が古い住宅というイメージがあるかもしれません。多くの人は平屋に比べると二階建てのほうが建築費が高くなると思っています。しかし、実際には二階建て住宅のほうが平屋住宅に比べて建築費は

2020年03月18日
マイホームの防犯性能を高める方法!

マイホームを持つのであれば、空き巣に襲われないように防犯意識を高めることが重要になってきます。マンションであれば共有スペースでセキュリティに配慮しています。オートロックになっていたり、カメラが備え付けられたり、管理人が常駐していたりしますので、自分たちでそれほど対策を講じる必要がありません。しかし、

2020年04月18日
安いという理由で中古物件を買ってはいけない!

中古マンションや中古一戸建てなどの中古物件を購入するきっかけの一つに、コストが安価なことがあります。新築では手を出すことができないような物件が、中古であれば手が届く可能性があるということです。中古物件は確かにコストが安価ではありますが、それだけで飛びつくのは止めた方がいいでしょう。中古でもまだまだ築

2020年04月02日
実際に注文住宅を建てた人のブログを見よう!

注文住宅を建てるにあたり、立地や資金計画、ハウスメーカーを考えるのは当然のことのように思いますが、それだけでは不十分です。その前に自分たちが住宅に対して、どのような希望を持っているのかをまず考えなければいけません。その希望を叶えるに当たって重要なのは、情報を集めることです。特に注文住宅で家づくりをす

2020年02月29日
注文住宅で多くの人が後悔しやすいポイント

高いお金を出して注文住宅を購入することになりますので、なるべくならばできるだけ後悔したくないと思うのは当然のことです。しかし自分の選択について、本当に正しいのかどうかわからないことがあります。住宅を建てる時にどのようなところに気を付ければいいのかをあらかじめ分かっていれば、後悔するリスクを極力減らす

2020年01月30日